iPhone壊しちゃった?故障内容別に見る修理サービス

iPhoneを水に落とした場合の修理は複雑で時間がかかる

iPhoneが正常に動かなくなった場合、どこに問題が発生しているのかによって修理の内容は変わってきます。まず、水没事故でiPhoneが起動しなくなった場合ですが、基本的に水が入り込んだことで基盤のどこかが駄目になっていることが多いです。なので、水没して故障したiPhoneを修理するときは、基盤についているパーツを交換するという対応になります。たくさんのパーツから駄目になったものを特定しなければなりませんので、修理期間はかなりかかると考えておいた方がいいでしょう。
また、便器の中に落としてしまった場合、水に浸かったことではなく、落として便器に当たったショックでパーツが壊れてしまったということもあり得ます。

ガラスの破損やバッテリーのトラブルは交換で対応

地面に落としてガラスが割れてしまい、動作は問題ない場合はガラス交換で対応します。ガラス交換は基盤が駄目になった場合の修理に比べればやることは簡単で、時間も費用もそれほどかかりません。たとえば、iPhoneの修理業者の実店舗に持ち込んだ場合、当日中に新しいガラスが取りつけられたiPhoneを手にすることも可能でしょう。タッチパネルが利かなくなったという場合も、基本的にはガラスの交換で対応できます。タッチパネルとガラスはくっついていて同じ部品だからです。
フル充電しても、数時間経つとすぐにバッテリー切れになってしまうという場合、バッテリー自体が故障している可能性が高いです。この場合の修理内容はバッテリーの交換ということになります。

iPhoneが水没したときには、速やかに業者に点検と修理を依頼することが重要です。また、様々な故障に対応した実績のある業者を選ぶのがポイントです。